脂質異常症の治療には薬物療法が最終手段

コレステロールや中性脂肪が血液の中に異常にたまってしまう病気を脂質異常症と言います。血液の中に脂質がたまれば、いずれ血管や全身の臓器に脂質がたまり、血管が硬くなり将来的には生活習慣病の原因になります。

治療には食事療法や運動療法という方法がまず選ばれますが、実際のところ決められたとおりの食事が守れる患者さんのほうが少ないという現実があります。このような場合は薬物療法が選ばれます。コレステロールを下げる薬は、人間が食事中の脂質を材料にコレステロールを合成するのを阻害することで効果を発揮します。実際にコレステロールの値が下がるだけでなく、将来の心筋梗塞や脳梗塞のリスクを減少させます。特に、既に心筋梗塞を起こしたことがある人は、これを飲むことが再発予防に必須です。

慢性骨髄性白血病の治療方法について

慢性骨髄性白血病は、数年以内に致死率の高い急性白血病に変性するリスクが非常に高いため、慢性の間に治療を終わらせることが大切です。慢性骨髄性白血病の治療においては、分子標的治療薬を投与することが一般的です。この治療薬は、異常なたんぱく質の活動を抑制する働きを持っており、癌化プロセスを抑えることが可能です。高い効果を持つにも関わらず、副作用は極小であるため、ほとんどのケースにおいてこの治療薬が適用されています。

分子標的治療薬による化学療法で大きな効果を得られない場合は、抗がん剤を投与することがあります。いずれにせよ、この段階での治療は急性白血病の治療に比べて非常に高い生存率を誇っており、約80%以上の患者が完治しています。

リストーナってどんなところ?

リストーナは、加圧トレーニングとホットヨガで美しく健康的な体をデザインするエクササイズスタジオです。

加圧トレーニングでは、特定資格を持つ専門トレーナーがマンツーマンで、それぞれに合ったトレーニングの組み合わせをオーダーメイドしてくれます。安全性が高い限定生産の加圧器具なので、最適の圧力でトレーニングすることが可能です。加圧トレーニング後の15分間は脂肪の燃焼効果が高いので、ホットヨガと組み合わせることでより効果的なトレーニングが可能です。ホットヨガでもいろいろな資格を持った経験豊富なインストラクターが様々なメニューに対応しているので、初心者から上級者まで誰でも自分に合ったヨガメニューを見つけることができます。